[COLUMN] ツイン・ピークス The Return 観察日記(第18話・加筆修正版)

結論から先に書けば、見事な最終回だったとぼくは思っている。

リンチとフロストは、クーパーとローラを巡る物語をひとつの大きな輪……いや、永遠に続く壮大な輪(∞)として示すことに成功した。ひとつの古典的な神話として、ツイン・ピークスという物語を完結させたということだ。
それでは最終回もいつものようにシーンごと振り返ってみよう。

●赤い部屋

黒クーパーが椅子に腰掛けたまま、黒煙を吹き上げながら燃えている。
ダイアンのように頭だけが燃えるパターンもあれば、ダギーのように徐々に萎むパターンなど、彼らの消え方にはさまざまなバリエーションがあるようだ。

次に片腕の男マイクが、クーパーから託された髪の毛と〈種〉を指先でくにくにしながら「電気〜〜〜(Electricit—-y)」と唱えると、新生ダギーが誕生する。
髪型、顔つき、服装、性格の、いずれもクーパー寄りだ。グリーンのジャケットを着ていたダサめのダギーではない。でも生まれて早々「ぼくはどこにいるんだい?」なんて言ってるから、以前の記憶は引き継がれていない様子。

───ここでぼくはひとつの仮説に思い当たる。

黒クーパーもまた、25年前にマイク自身が〈種〉から創りだした存在だと仮定してみる。

旧シリーズの最終回で、クーパーは赤い部屋に囚われた。そして現実世界における彼の不在を埋めるために、分身として作られたのが黒クーパーである。だが、その役割を果たす前にジュディに乗っ取られてしまい、ボブ・オーブの〈容器〉として利用されることになった。

そして黒クーパーはボブにコントロールされ、悪事に手を染めながらも25年後のこのタイミングで、正しい座標の情報を入手した。で、自分が本来あるべき姿となって赤い部屋へ帰還(=Return)しようと試みたんじゃないだろうか?

この解釈が正しければ、消防士によって〈渦〉から吸い上げられた黒クーパーが、保安官事務所にもう一度戻ったも辻褄が合う。

つまり、消防士がクーパーに託した〈2羽の鳥とひとつの石〉という言葉は、黒クーパーが赤い部屋に帰還して成仏すること、同時にボブも抹殺するというふたつのミッションを、フレディの拳(=石)によって同時に果たす───というメッセージだったのではないか?

第14話にグレート・ノーザン・ホテルの裏庭のシーンでフレディとジェームズが会話するシーンがあった。フレディは消防士によって右の拳にパワーが宿った顛末を、ジェームズに語って聞かせた。そのあと地下(ボイラー室の扉の前)に行ったジェームズは例の不思議な音を聞く。

そのあとふたりはロードハウスに繰り出して、ジェームズがモーションをかけていた人妻の旦那たちとトラブルを起こす。そして彼らをブチのめし、牢屋へ入れられた。檻の中で二人は黒クーパーが到着するのを待つことになる。

アンディの行動も振り返ってみよう。
ジャック・ラビット・パレス近くの〈渦〉を通り、消防士のもとに送り込まれたアンディはさまざまなビジョンを彼から見せられる。これはつまり黒クーパーの回収、およびボブを倒す「一石二鳥作戦」の最終的な段取りを消防士から教え込まれたのだ。

その証拠に───駐車場に突っ立っていた黒クーパーに声をかけて、保安官事務所のなかに誘ったのもアンディだ。クーパーから電話があることをルーシーに「重要だ!」と叫んで印象づけたのもアンディである。悪党のチャドを手錠で拘束し、Naidoやフレディ、ジェームズたちをフランクのオフィスに連れていったのもアンディ。保安官事務所に駆けつけたクーパーたちを玄関で出迎えたのもアンディである。彼はひとりでこの役をすべて担ったのだ。

そもそもルーシーが背後から撃ったにせよ、あんな至近距離で黒クーパーが狙いを外して、フランクの帽子だけを弾き飛ばすなど考えにくいことだ。黒クーパーは初めからフランクを殺す気など毛頭無かったのではないか?

第一、黒クーパーはダイアンのようにピストルで撃たれたくらいじゃ〈赤い部屋〉には戻ってこられない。くろクーパーが傷つけば、宿主のボブを守るウッドマンがすぐに現れて、大事な〈容器〉である黒クーパーを修復してしまうからだ。

また第3を思い出してほしい。
黒クーパーは午後2時53分に強烈なめまいと吐き気に襲われて、乗っていたリンカーンごと横転した。しかし彼は九死に一生を得る。フロントガラス越しに一瞬、赤い部屋のカーテンのヴィジョンが見えたけれど、すぐに消滅してしまう。

このシーン、初見の段階でぼくはこう考えていた───。

赤い部屋に連れ戻されようとしている黒クーパーはなんとか必死に抵抗した。その結果、激しいめまいと嘔吐に襲われて、運転できなくなり、車はクラッシュ。しかし結果的に赤い部屋には召喚されずに済み、彼は現世に留まることができた、と。

これをさっきの仮説をもとに読み解きなおすとどうなるか。

2時53分のタイミングで彼は車ごとどこかに衝突、または崖下に転落しようとした。黒クーパーは自らをいったんボブ・オーブとともに葬り去ろうとしたのだ。
だが彼の宿主であるボブやジュディらはその試みを阻止するために彼の体内で暴れだした。結局、黒クーパーの〈自殺〉は未遂に終わった。だから赤い部屋は目の前に現れただけですぐに消えてしまったのだ。

そして黒クーパーのかわりに回収されるはずだったダギーが、本来の予定通り、赤い部屋へ戻る。それゆえ赤い部屋に帰還したダギーにマイクがこう言ったのだ。
「誰かが君を何かの目的のために作り、それが達成されたので、君はここに戻ってきた」

というわけで───赤い部屋に帰還するためには自分が死んだあと、体内にあるボブのオーブを完全に破壊するという手順が必要だということを、黒クーパーはあらためて確認した(実際、そのあとレイに撃たれたが、ウッドマンが彼を修復し、赤い部屋に戻れなかった)。

ボブやジュディとしては、黒クーパーが赤い部屋に戻ることを望んではいない。
しかし、黒クーパーは最終的に〈座標〉を手に入れた。そして、座標で示された〈渦〉を通って、消防士に会い、自分とボブを同時に抹殺してくれる人間=フレディがいる場所へ送り込んでもらうことに成功した。そのあと、マイクからラスヴェガスの病院でフクロウの指輪を預かったクーパーが、死んだ黒クーパーの指にそれを嵌めることで、無事、赤い部屋へ戻れた。

以上が第1話の冒頭で、消防士がクーパーに教えた〈一石二鳥〉の真意だったのではないか?

ぼくが黒クーパーを〈悪玉〉と見なさなくなった理由は他にもある。

彼が直接殺した人物を思い出してみよう。
ビル校長の妻フィリス。校長の秘書の車に爆薬を仕掛けたジャック。情報屋のレイ&ダーリャ。腕相撲好きのギャングの親玉レンゾ。そして最低男リチャード・ホーン。あとマーフィー所長、ロレイン、ラスヴェガスのトッドとロジャー。シャンタル&ハッチ夫妻。ダギーの車をパクろうとして死んだチンピラ数人もカウントしてもいい。どいつもこいつも殺される理由がある連中ばかりなのだ。
クーパーがダギーになりかわって周囲の人たちに幸せをふるまっている間に、黒クーパーはせっせとゴミ掃除をしていた……そんなふうに解釈することもできる。

そもそも黒クーパーというキャラクターが登場して以来、ずっと抱いてきた違和感があった。
それはリンチやフロストのような人たちが、善/悪という単純な二元論のなかに、愛着のあるクーパーを落としこむ理由がよくわからなかったのだ。でもぼくがいま長々と説明した見立てが正しければ、少なくともその二元論からはクーパーというキャラクターを解放できる。

ルックスこそ激変してしまったけれど、黒クーパーも彼なりにボブたちを葬ろうとしていたのだ。
肌が黒かろうが白かろうが、クーパーはクーパーなのである。彼らは敵対していたのではなく協力していたのだ。

この仮説が正解かどうかはわからないが、少なくともそういう視点でこの新作をいまいちど第1話から見直してみるのもおもしろいだろう。

●ダギーの家

玄関でチャイムが鳴り、ナオミ・ワッツが赤いドアを開ける。そこに立っていたのはもちろんダギー。
ナオミ・ワッツと息子のサニージムに抱きつかれたダギーはひとこと「家(Home)」。

もちろん普通に考えれば、クーパーの指示通りにマイクが作った〈新しい分身〉が、二人のもとに帰ってきた感動のシーン……という解釈でいい。

でも、ここで注意したいのはナオミの反応と服装。
愛する旦那の姿が消えていたわりに、呼び鈴にこたえるナオミ・ワッツの声が妙に明るすぎはしないか?
またピンクのカーディガンに白のシャツ、タイト目のジーンズは、第4話でジャックポットの大当たりを出し、深夜にカジノから帰宅したダギーを出迎えた時と同じだ。

つまり、マイクが新しいダギーを送りかえしたのはその日の昼間───つまりジェイドと別れた直後の時間帯なのではないだろうか? 彼が不在だったのは浮気相手とのアバンチュールの時間だけ。ミッチャム兄弟ともキャンディーズとも、大金とも高級車ともジャングルジムともフィンガーサンドウィッチとも関わりのない世界。そうすると借金も帳消しになってない可能性があるのでちょっと心配だが、クーパーの能力が正しく備わっているなら大丈夫だ。

●1989年2月23日のツイン・ピークスの森(グラストンベリー・グローヴ)

前回のリプレイが挿入される。レオ・ジョンソンたちのもとへ向かっていたローラを救出し、家に連れ帰ろうとしていたクーパー。しかし途中で邪魔が入って(セーラの仕業?)、ローラは大絶叫を残して姿を消す。とまどいの表情を浮かべるクーパー。

●赤い部屋

クーパーは赤い部屋で片腕の男と対峙している。
「これは未来か? それとも過去か?」 とマイクは問う。
第2話に出てきたシーンの再現だ。すぐに答えられないクーパー。クーパーの胸にはFBIの記章。
クーパーの前から姿を消したかと思うと、部屋の隅で手招きしているマイク。
彼に誘われ、ジャガイモ頭のシカモアの木=〈腕〉のもとへ進んでいく。
〈腕〉はクーパーに問う。
「Is it the story of the little girl who lived down the lane?(それは通りのそばに住んでいた少女の物語なのか?)」
クーパーは答えない。

ふたたび赤い部屋の椅子。ローラがクーパーに何か秘密を耳打ちする。驚きの声を上げるクーパー。そしてまた絶叫して斜め上に飛び、消えてしまうローラ。

クーパーは次の部屋へ。リーランドが座っている。
「Find Laura…(ローラを捜せ)」

赤いカーテンの通路へ向かうクーパー。以前、ここを通ってた時はどうしていいかわからず、マゴマゴしているところを〈腕〉に見つかって、「非!存!在!(non-exist-ent!)」とドヤしつけられ、そのあと流浪の旅に出る羽目になった。そのときに比べてこのクーパーはずいぶん馴れた様子に見える。歩きながら右手を上げて動かすと一枚のカーテンがはためく。第2話で〈腕〉に「Go Now(行け!)」と追い立てられ、カーテンの通路へ向かったとき、一箇所だけ入れない場所があった。おそらくそこが開いたのだろう。

カーテンの奥。たくさんのシカモアの木と、地面に〈輪〉のある場所に出る。そこにはダイアンが立っていた。赤い髪、白黒のマニキュアが交互に塗り分けられ、襟元の大きく開いた黒のカットソーを着ている。

これらが意味することは、何か。
赤い髪=赤いカーテン
白黒のマニキュア=白黒の床
黒のカットソー=闇

つまりダイアンとは〈赤い部屋〉の化身なのだ。

「あなたなの? 本当にあなた?」 とダイアンが尋ねる。
「そうだよ、わたしだ、ダイアン」 クーパーが微笑を浮かべて答える。
ダイアンもクーパーの頬に触れ、笑顔を浮かべるが、彼女は〈赤い部屋〉の化身だけに動きがちゃんと逆回転だ。
「君はダイアンか?」
「ええ、そうよ」

こういう推測ができる。
〈赤い部屋〉の化身であるダイアンは二十年以上前からブルー・ローズ事件の解決を試みるゴードンをサポートするために〈種〉から作りだされて、FBIに送り込まれていた。
だからその正体をゴードンは知っていたのかもしれない(その証拠にダイアンがメイフェア・ホテルの部屋に乗り込んでくることをゴードンは知っていた)。ひょっとしたらアンディ同様、消防士がいずれかのタイミングでゴードンとコンタクトし、指示を出していたのかも。そういえば、ビル校長がブリッグスと出会った場所にできた〈渦〉のなかに、ゴードンは自ら飛び込もうとしていたっけ。

余談だが、第1話第2話に出てくるニューヨークの箱のある部屋。あそこもゴードンが〈ブルー・ローズ〉事件や〈Experiment〉に迫るため、秘密裏に設置した場所だとぼくは考えている。

第3話で、タミーがゴードンとアルバートにバカップルの死を報告するシーンがあった。そのときタミーはまだブルー・ローズの存在をまったく知らなかった。ブルー・ローズに関して、ゴードンは相当慎重に捜査しているので、アルバートにさえ知らされてない場所だったかもしれない。

クーパーは以前から〈ブルー・ローズ〉についてゴードンと調べていた。彼はあの場所を知っていた可能性がある。だから、ひそかに訪れることができたのだ(ダライ・ラマ風の僧侶と黒クーパーのツーショットが監視カメラで撮られていた)。

さて、話を戻そう。
今回、赤い髪のダイアン……つまり〈赤い部屋〉の分身であり、〈公式ヴァージョン〉であるダイアンとクーパーはこのとき初めて出会った。
FBIにいた銀髪のダイアンとまったく雰囲気が違っていたので、クーパーは思わず「君はダイアンか?」と尋ね返してしまったのだろう。

クーパーのドッペルゲンガー同士は双子のようにそっくりなのに、Naidoとダイアンの見た目が違うのはどうしてなのか不思議だった。
しかし、もともと〈赤い部屋〉という非実在の存在が〈本体〉なので、どんな見た目になっていてもかまわないのだろう。
だから、ある時は目が縫い合わされた東洋人Naidoで、ある時はおカッパ頭のダイアンというふうに、見た目が異なっていてもまったくおかしくないわけだ。

●どこかの道

荒涼とした土地の真ん中をまっすぐ伸びた一本道を走るクーパーとダイアン。乗っているのはやけに古ぼけた車(よく見るとダイアンが着ているのはカットソーではなく、袖口に凝った切り返しのついた半袖のサマーニットだった)。

二人が走っている道は以前、第2話第3話で黒クーパーが〈自殺〉を試みたサウスダコタの道と様子が似ている。

やがて無数の巨大な鉄塔が立ち並んでいるエリアにさしかかる。

「ほんとにやる気なのね」 ダイアンは少し心配そうな顔。
「そのせいでどうなるのか……」
「覚悟してるよ。もうじき着くぞ。感じるんだ」

車がなにかのポイントに近づく。
「走行距離はほぼ430マイル(=692km)」

クーパーはきっかり430マイルの地点で車を停める。
ダイアンは「よく考えてね……」と言う。
ダイアンはクーパーの行動を止めたそうにしているが、振り切るように彼は車外へ。

頭上の太い送電線がビリビリと鳴っている。
腕時計をチェックし、大きく深呼吸するクーパー。めずらしく髪の毛が乱れている。

車に戻って、ダイアンにクーパーは「ここがその場所だ」と告げる。
「キスをしてくれ。ここを越えたらすべてが変わってしまう」

熱いキスをするふたり。
唇を離すとダイアンが言う。
「行きましょう」
彼女も覚悟を決めたようだ。

ゆっくりと車を前進させると電気の音は次第に太く大きくなる。やがて車内に閃光が走ると一気に夜の真っ暗な道へ場面が変わる。車がさっきよりもはるかに速いスピードで疾走していく。

●どこかのモーテル

古ぼけた平屋のモーテルの敷地にふたりの乗ったクラシックなセダンが入ってくる。
停車し、クーパーがひとりで降りてチェックインするために受付へ向かう。

ダイアンが助手席に坐ったままで受付のほうを眺めていると、柱の陰からもうひとりダイアンが姿を現して、互いを見つめ合う。

クーパーが受付から出てくるともう一人のダイアンは消える。

二人は7号室に入室する。ダイアンが電気をつけると、クーパーは「すぐに明かりを消せ」と指示。

「次はどうするの?」
「こっちへ来い(Come over to me)」

雰囲気や態度がなんとなく黒クーパー的になっている。抱き寄せてダイアンにキスをするクーパー。そして、彼らは交わる。

〈赤い部屋〉とファックするクーパー。ダギー/クーパーがナオミ・ワッツと交わった時と同じ騎乗位だ。騎乗位は〈馬〉の暗示かもしれない。馬はフクロウと並んで、ツイン・ピークスの世界で何度もシンボリックに登場する動物である。

ここで音楽がかかる。ザ・プラターズの「My Prayer」だ。第8話でも解説したが、プラターズには〈デヴィッド・リンチ〉という同姓同名のメンバーが所属している。

「My Prayer」は第8話の1956年のシーンで、リンカーン似のウッドマンがラジオ局KPJKに「火、あるか?(Gotta Light?)」とつぶやきながら押し入って、DJや受付の女性を血祭りに上げたときに流れていたあの曲だ。よく聞くと「My Prayer」と重なるように、シンセサイザーの低い不穏なストリングス音が流れている。

ダイアンの下になったクーパーはまったくの無表情。ダイアンは腰を動かしながら、彼に何度もキスをするが表情は変わらない。
そしてダイアンはクーパーの顔を手のひらで覆うように動かす。まるでウッドマンが黒クーパーの顔に血を塗りたくっているみたいに見える。
もはやダイアンはクーパーと目線さえ合わさない。天井を見つめて、今にも泣き出しそうな表情だ。430マイル地点を越え、こちら側の世界に超えてきてしまったのは、まちがいだったかもしれない───と言わんばかりに。

そもそも、これは何年で、どこなのだろうか?
モーテルも車もやけに古めかしかった。さすがに1956年にあの車は走ってなかったと思うのだが……。

朝───。
眠っていたクーパーが目覚めると、そこにダイアンの姿はない。ベッドサイドに一枚のメモが残されている。

〈親愛なるリチャード。わたしは出ていきます。どうか捜さないでください。もうあなたのことがわからないの。わたしたちが分かちあったものは終わってしまった。リンダより〉

第1話で消防士が「忘れるなよ」と念を押しながら授けた〈430/リチャードとリンダ/2羽の鳥とひとつの石〉のうち、〈430〉と〈リチャードとリンダ〉のキーワードがここで示された。
さっきのシーンでクーパーが言っていた430マイルのポイントを越えた瞬間から、すべてが変わってしまったのだ。クーパーはリチャードに、ダイアンはリンダに変わってしまったのだろう。

昨夜、モーテルの柱のところでもうひとりのダイアンが咎めるように見ていた。〈赤い部屋〉の化身であるダイアンはきっとこの世界ではそれ以上クーパーの側にとどまれないのだ。ダイアンがあんなに悲しそうだったのも、愛するクーパーとの別れが近づいていたせいだ。

室内の様子は昨日と変わりがあるように見えなかったけれど、リチャード/クーパー(以下、RC)が外に出ると、モーテルの外観はまったく異なっている。
一階建てが二階建てになり、現代的で匿名性の高いデザインのモーテルにすっかり変わっているのだ。
駐車場に停めてあった車もフォードの高級車(クラウンビクトリア)になっている。この車は第2話で修理工のジャックのところで、黒クーパーが乗り換えたのと同型の車である。

だがRCはその変化に対し、何のリアクションもしない。駐車場からフォードを出して、どこかに出発する。

●オデッサ

〈Odessa / CITY LIMIT / POP 95,940〉という道路標識。
今まではどこかの新しい場所が出現するとき、地名のテロップが出ていたが、ここではなに州のオデッサか、と示されなかった。テキサスにもフロリダにもミズーリにも、アメリカには無数のオデッサがある。だからどこのオデッサかということを特定したくないのだろう。視聴者がイメージする人口10万人足らずの地方都市オデッサならどこでもかまわないということだ。
そんなオデッサの町の中を走るRCは一軒のダイナーに目を留める。

名前は〈JUDY’S COFFEE SHOP〉。

先客は猛禽類のような顔をした老夫婦、カウボーイハットの三人組。あとはブロンドの若いウェイトレスがひとりと、コックが厨房にいる。ダブル・Rよりもずいぶん広々とした店だ。

RCは店内が見渡せる入口横のボックス席に座る。
ウェイトレスがコーヒーサーバーとメニューを持って、彼のところへやってくる。

「この店に君以外のウェイトレスがいるか?」
ウェイトレスは怪訝そうな顔つきで「いるわ」と答える。
「でも今日はお休みなの。休んでもう3日になるけど」

ウェイトレスのは名札にはクリスティ(Kristi)とある。演じているのはクリント・イーストウッドとフランセス・フィッシャーの愛娘フランセスカ・イーストウッドだ。

RCがコーヒーを飲んでいると(クーパーやダギーと違って、コーヒーに何の反応も示さない)、カウボーイたちの席にコーヒーのおかわりを注ぎに行ったクリスティがスカートを引っ張られてからかわれている。
「彼女を離せ」RCがたしなめる。
男たちは立ち上がり、RCのところへ近づき、銃を突きつけながら「表へ出ろ」と脅す。
RCは男が銃を持っていた右手をテーブルに叩きつけ、股間を前蹴り。慌てて銃を引き抜いた別の男のつま先を懐から取り出した自分の銃で撃ちぬく。
呆然と立っていたもう一人の男に命令して銃を床に置かせ、すこし離れた場所に座らせる。

鋭い身のこなし、冷酷で暴力的な対応はノーマルなクーパーというよりも、むしろ黒クーパー的だ。

RCは周囲を警戒しながら、クリスティのいるカウンターに近づき、休んでいるウェイトレスの住所をメモするように命令する。彼女が紙に書いているあいだに、ポテトを揚げていたフライヤーのなかへ男たちから取り上げた銃を放り込む。
そして厨房のコックに「弾が爆発するかはわからないが、とりあえずそこから離れていろ」と命令する。
拳銃を揚げるなら弾倉を抜いたあとでよかったんじゃないかな(笑)。

クリスティがメモを心配そうな顔でRCに渡すと、「心配ない、わたしはFBIの人間だ(=I am with the FBI)」と言いのこし、立ち去る。

●オデッサのどこか

クリスティからもらった住所をもとに、もう一人のウェイトレスの家を見つけるRC。

ドアの上の住所表示は〈1516〉。
家の前の電柱に〈324810〉〈6〉という見覚えのある表示板がついている。
左の写真は今回の、右はリチャード・ホーンが子どもを轢き逃げしたツイン・ピークスの交差点にあった電柱のもの。完全一致。

電線から唸るような音が、また聞こえてくる。

家に近づいていくRC。庭はゴミが散乱して荒れ放題だ。

ドアをノックすると中からローラ・パーマーそっくりの中年女性が姿を現す。ブロンドの髪を肩までに切り、ホースシュー(馬の蹄)のペンダントをしている。
RCがFBIの者だ、と名乗ると、ローラ似の女は「彼が見つかったの?」と逆に質問する。

RC「君はローラかい?」
ローラ似の女「家を間違ってるわ」

彼女の名前はローラではなく、キャリー・ペイジというらしい。

RCはローラという名に聞き覚えがないか、と食い下がる。だがキャリーは首を横に振る。しかし、RCが「父親の名はリーランド、母親の名はセーラで……」と言葉を続けると、キャリーの表情が俄に変わる。

キャリー「セーラって……いったいどういうことなの?」
RC「説明するのはとても難しいことなんだ。奇妙に聞こえるかもしれないが、君はローラ・パーマーという名前の少女だったとわたしは思っている。わたしは君を母親のもと───つまり君の自宅だったところに連れて行きたいんだ。とても大事なことなんだ」
キャリー「ねえ、聞いて。普通だったらあたしはあんたみたいな人間が来たら『消え失せろ』と言ってドアを閉めちゃうのよ。でも……あたしはここを今すぐ出て行かなくちゃいけない。話せば長い事情があるの。FBIと一緒にいるなら、あたしは助かるかもしれない。で、どこへ行くの?」
RC「ワシントンだ」
キャリー「DC?」
RC「いや、ワシントン州にあるツイン・ピークスという町へ」
キャリー「遠いの?」
RC「ああ、かなりね」
キャリー「支度するから中に入って」

RRCが家の中に入る。
殺風景なリヴィングルームのカウチに頭を撃ち抜かれた男の死体がある。壁に血しぶきがこびりつき、蝿がたかっている。キャリーが3日勤めに出ていないので、おそらく死んだのはその直前だろう。
殺したのはキャリーの今のパートナーでどこかへ逃げている……もしくは殺された男がパートナーなのかもしれない。もちろんキャリーが殺した可能性だってある。
いずれにせよ、RCが現れたとき、彼女が聞いたのは逃げ出した男の行方について、何か彼が知っていると思ったからだ。

炉棚の上に白い馬のオブジェと青い皿が立てかけられている。暖炉の前のラグにライフルが落ちている。これが凶器だろう。

電話のベルが鳴る(JUDY’Sからクリスティがかけているのかも)。しかし、キャリーはそれにかまわずRCに質問する。

キャリー「ワシントン州って北の方よね。コートは必要かしら?」
RC「あるなら持っていくべきだよ」
キャリー「食べものは何もないけどどうする?」
RC「途中で買うからかまわない」
キャリー「オッケー、じゃあ行きましょう」

ドアを締めながら、忌々しそうに男の死体を睨みつけるキャリー。

車中でキャリーは「あなたは本当にFBIエージェントなの?」と質問。RCがバッジを見せると、彼女は安堵して呟く。

「これでクソ忌々しいオデッサとおさらばできるわ」

彼女はJUDY’S COFFEE SHOPで働いていたウェイトレスだった。つまりジュディに囚われていた……と解釈できる。クーパーはキャリーをオデッサだけでなく、ジュディの手からも解放したのだ。

ふたりの乗ったフォードが夜道をひた走る(ちなみにこのあたりで番組開始から40分が経過。残りは20分弱。これが最終回だということをリンチが忘れてるんじゃないか、とぼくは少々不安になっている)。

リアガラス越しに後ろの車のライトが見える。まるでフクロウがふたりに目を光らせているようだ。キャリーとRCは警戒して何度も何度も振り返る。なんのへんてつもない場面が、サウンドや演出の力で不気味なシーンに変貌する。リンチ演出の真骨頂だ。

やがて後続の車はルートを逸れて、どこかへ消えていく。

キャリーは身の上話をはじめる。

「オデッサ……あたしは家もきれいにして、きちんとした生活をしようとしてたのよ。ほんとうに長い道のり……あたしはまだ若くてなにもわかってなかったわ」

キャリーは穏やかで平穏な暮らしを望んでいた。暖炉の上の白馬がその象徴だろう。だがそれは踏みにじられ、一人の男が彼女の家で死んだ。彼女はなんの未練もなくオデッサを棄てて、導かれるようにツイン・ピークスへ向かっている。

●深夜のガソリンスタンド

ウッドマンたちが蠢いていた店でもなく、エドが経営している店でもなく、アメリカ中どこにでも見かける現代的なガソリンスタンドのチェーン店〈VALERO〉に車が停まっている。実在する店が登場するのは『ツイン・ピークス』のなかでは明らかに異様なこと。確かにこの世界はなにか変化している───。
給油と休憩を終えたRCとキャリーは車にふたたび乗り込んで、ツイン・ピークスへ向かう。

●ツイン・ピークス

鉄橋を渡り、ついにツイン・ピークスへ到着する。ダブル・R・ダイナーの前を通りかかるが、店の外観は旧シリーズのときのものに戻っている。
RCはまわりの風景に見覚えがないか、キャリーにたずねるが、彼女は首を横に振る。

そして、ローラの家の前に到着。

RC「この家に見覚えは?」
キャリー「無いわ」

彼らは車を降りる。RCは森のなかを歩いた時のように、彼女の手を握り、その住宅に近づいていく。
歩みを進めていくにつれて、キャリーの顔つきは徐々に変化する。どことなく女子高生だった頃のローラ・パーマーの雰囲気を漂わせているように見える。

RCがドアをノックする。応答がない。もう一度ノックする。金髪の中年女性がドアを開ける。

女性「なんでしょうか」
RC「(驚いた表情で)FBIの……デイル・クーパー特別捜査官といいます。セーラ・パーマーはご在宅ですか?」
女性「誰です?」
RC「セーラ・パーマーです」
女性「そんな名前の人はここに住んでいませんが」
RC「セーラ・パーマーはごぞんじじゃないでしょうか?」
女性「いいえ」
RC「この住宅はあなたの持ち家ですか? それともお借りになっていますか?」
女性「わたしたちの持ち家ですよ」
RC「どなたからお買いになりましたか?」
女性「(リヴィングの方を見て)ねえ、あなた。ここを売ってくれたご夫人の名前を覚えてる? (振り返って)ミセス・チャルフォントよ」
RC「そのご夫人が誰から買ったのかはわかりませんか?」
女性「いいえ。(ふたたびリヴィングにいる夫に)ねえ、チャルフォント夫人が誰からこの家を買ったかは知ってる? (RCを見て)わからないわ」
RC「あなたのお名前は?」
女性「アリス……アリス・トレモンドよ」
RC「わかりました。夜分遅くに失礼しました」
アリス「いいのよ」
RC「おやすみなさい」
アリス「おやすみなさい」

アリス・トレモンドがRCに教えたミセス・チャルフォントという女性。旧シリーズでは、ミセス・トレモンドと名乗る老婆のところに、ローラがボランティアで食事を運んでいた。ローラの死後、ドナが代わりに彼女のところへ食事を運んだときに、不思議な体験をする。

またミセス・チャルフォントは、ジャンピングマン、ウッドマン、ボブや小人などがたむろしているコンビニの二階にいるメンバーのひとりだ。現世ではカールが管理していたトレーラーハウスに孫のピエールと一緒に住んでいた。

テレサ・バンクスが持っていたフクロウの指輪を、チャルフォントが住むトレーラーで見つけたデズモンド捜査官は姿を消してしまう。このミセス・チャルフォントとミセス・トレモンドは同一人物だとされている。
しかし、これもまた〈6〉の電柱と同じことだろう。同じであって、同じ人間ではない。夢のなかで頻繁に現れる人、場所、物と同じ。悪しき者の象徴/予兆として、ローラやクーパーたちの前に度々出現する存在───という、一種の記号にすぎない。

さて、アリスと別れたRCとキャリーは前庭の階段を降りていく。そしてふたりはもう一度建物のほうを振り返って、かつてローラ・パーマーの家であったはずの住宅を見つめる。

無力感に襲われたのか、それともなにかとんでもないことに気づいたのか、よろめきながらRCが呟く───いったい今は何年なんだ?(What year is this?)と。

その言葉を聞いたキャリーはRCをゆっくり見つめたあと、もう一度、家を見あげた。すると、家の中から、セーラ・パーマーの声が聞こえてくる。

「ローラ!」

『序章』の冒頭、家の中にローラの姿が見えず、二階を探しまわっていた時のセーラの声だ。

絶叫するローラ/キャリー。RCは驚いて彼女を見る。ローラの家の灯りがすべて落ち、閃光が走る。そしてあたりは完全な闇に。闇の中をローラの叫び声が聞こえる───その残響がいつまでも響いている。

●赤い部屋

クーパーの耳元で、またなにか秘密を囁いているローラの姿が闇の中にうっすらと浮かび上がる。

彼女はなにを囁いているのだろう?
ぼくはこのフレーズに違いないと思っている───この夢はいったい誰の夢?

そして、その上にクレジットがゆっくりと流れていく。

Sheryl Lee as Laura Palmer
Sheryl Lee as Carrie Page

決して〈Sheryl Lee as Laura Palmer / Carrie Page〉ではない。

クレジットのあと、〈LYNCH / FROST PRODUCTION〉のロゴ、および番組を製作した〈SHOWTIME〉が流れる際、それぞれについている音(前者の電気が激しくスパークする音、後者のファンファーレ的な音楽)は省略されて、小さく残響のような音だけが聞こえる。

静寂。


以上で新作は完結した。オードリーはどうなった? とか、全裸で見つかったジェリー・ホーンは? とか、そんなことを気にしている場合ではない。
なにせこの最終回だけで、新作の第1話から第17話まで、あるいは旧シリーズの序章から29話までと同じ展開を、たった60分のなかで描き切ってみせたのだから!

今回パーマー家の家主として登場するアリス・トレモンドを演じたマリー・レーバーはプロの女優ではない。なんと実際にパーマー家としてロケで使用されている住宅を所有している本物のオーナーなのだ。道中、RCとキャリーが休憩したガソリンスタンドも、アメリカに実在する本物のチェーン店だった。

これはいったいなぜだろう?

つまり〈430マイル〉を越えた場所にあったのは、『ツイン・ピークス』という虚構の世界と現実の世界が入り混じった〈半現実〉と呼ぶべき世界なのである。
クーパーはローラを探すためにドラマの世界から飛び出してしまったのだ!

それゆえ〈赤い部屋〉すなわち『ツイン・ピークス』の象徴でもある場所の分身であるダイアンは、それ以上彼についていくことが出来なかった。〈リンダ〉として、クーパーと〈半現実〉の世界に生きようと決めたダイアンを、もう一人のダイアンが追いかけてきて止めたのだ。

リチャードの元を去った女の名前が〈リンダ〉というのも引っかかる。カイル・マクラクランは『ツイン・ピークス』の撮影が終わったあとに、スーパーモデルのリンダ・エヴァンジェリスタと交際し、別れている───これは〈半現実〉に紛れ込んだ現実世界の断片だろうか?(笑)

この最終回で、ラストシーンに近づくにつれ、リンチとフロストは〈メタ・フィクション〉として物語を推し進めていることを、いくつかのヒントで仄めかしている。

繰り返すが、元パーマー家の中から聞こえてきたセーラの声は、『序章』のときの音声を流用している。新しく録ろうと思えば録れるのに、なぜそうしたのか?

つまり、あの声は『序章』の音声でなければいけない理由があったのだ。アリスがそのとき見ていたテレビから聞こえてきた……ということだ。だからRCが思わず漏らしたひとこと「いったい今は何年なんだ?(What year is this?)」に対する答えは……ずばり〈1990年4月8日〉。アメリカで『ツイン・ピークス / 序章』が放送されていた、放送当日なのだ。

ラストシーンでクーパーとローラは『序章』へと〈RETURN〉してしまった───。


もう一度しつこく書こう。
ツイン・ピークスには謎など何もない。すべては永遠に繰り返される輪の上の出来事であり、どこが始まりで、どこが終わりでもない。ドラマはドラマ、現実とは違うのだ。結局のところ、『ツイン・ピークス』とは、リンチやフロスト、スタッフや役者たちによって形作られた夢───虚構の世界である。

赤い部屋の存在する『ツイン・ピークス』の世界と、現実世界の狭間で、両方の世界を見通しているキャラクターがゴードン・コールだ。だから、クーパーとダイアンと共に、ボイラー室のドアの前までは行くことが出来る。

そんなゴードンを演じているのが監督のデヴィッド・リンチ自身。ゴードン・コールとはリンチが創りだした人物=トゥルパである。『ツイン・ピークス』という虚構のなかにトゥルパを送り込み、モニターのこちら側の現実に監督としての彼が立っている。旧作でゴードンをリンチが演じていたことが、新作『ツイン・ピークス』を再起動していくうえで、これほどまで武器になろうとは、本人たちでさえ思ってもみなかったんじゃないだろうか?

この夢はいったい誰の夢か? とモニカ・ベルッチが囁いた。ゴードン=リンチである以上、この夢はいったい誰が見た夢なのか? という問いには自ずと答えが導き出せる。しかし、ひとつの作品がこれほど長い命をもってしまえば、もはや監督や脚本家たちだけの夢ではない。ぼくたち視聴者自身の夢でもあるのだ。

それを充分彼らは理解した上で、ツイン・ピークス・サーガを締めくくる最終回に「ドラマはドラマ、夢は夢、現実は現実として楽しむこと。ただ、そこをイマジネーションの力で飛び越えることは楽しい。でも、恐ろしい目にも合うよ」というリンチたちのある種、視聴者を突き放すメッセージが込められている。

今後、シーズン4があろうとも無かろうと、フィリップ・ジェフリーズがヤカンではなく、土管の形で現われたとしても(笑)きっとぼくはそこに意味を求めないだろう。なにか疑問に思うことがあれば、クーパーのように何度でも赤い部屋に戻って、はじめからもう一度やり直せばいい。

過去が未来に、未来が過去に影響を与えながら、クーパーはローラを助けようとこちら側とあちら側を何度もめぐり続けていく。まるで───パーマー家のプレーヤーで回り続けていたレコードのように。

The World Spins……

(了)

Scroll to top